2017/06/22

6/21 あわやノーヒッターからの敗戦

L1-2@MIA (Season 43-29)
Scherzer(L8-5) 8.0IP(CG)  0ER(2R) 2H 1BB 2HBP 11K 1WP
Raburn 2/3 HR(1) R RBI

得点は1-0でナショナルズがリード。8回裏のマーリンズの攻撃。1死走者なし。ここまで、Max Scherzerがノーヒッターを継続していました。ここまでに許した走者は初回の四球と2回の死球による2人だけ。11奪三振。マーリンズ打線を圧倒していました。球数もちょうど100球に到達したところで、ノーヒッター達成への期待は高まっていました。

しかし、ここから、Scherzerにとって、ナショナルズにとって、悪夢のような急展開となりました。

打席のA.J.Ellisに対してもカウント1-2と簡単に追い込み、決め球として投じたのは真ん中低めへのスライダー。完全に泳がされたEllisは何とかバットに当てましたが、高いバウンドのピッチャーゴロ。のはずが、無情にもボールはScherzerが上に伸ばしたグラブを弾きセカンドキャンバス方向へ。素手で取りに行ったショートのTrea Turnerも及ばず、結果は内野安打となりました。何とも悔しい形でのノーヒッターの終わりとなりました。

おそらくがっかりはしたと思いますが、続く打者を緩いセカンドゴロに打ち取って2死2塁。さらに続く打者も緩いショートゴロに打ち取り、1-0のリードを保って8回を終了することになったはずでした。ところが・・・・・、ショートTurnerの送球を(個人的にはこのプレーが最も罪が重かったと思いますが)、ファーストのAdam Lindがポロっとやってしまうエラー。大事に大事に捕球しに行ったのは映像からもよくわかりますが、それでもあれは許しがたいミスでしょう。ともかく、これでイニングが継続することなり、おそらくは集中力を失ったままのScherzerが崩れ、死球で2死満塁、ワイルドピッチで同点、Giancarlo Stantonにタイムリーを浴び、あっという間に逆転を許して、敗戦と衆となりました。自責点0の完投負けです。

日本時間午前2時からの試合で、いつもなら中継を見るはずだったのですが、昨日は私疲労困憊のためパスしていました。見なくて良かった、というのが正直な気持ちです。見ていたらきっと今日一日立ち直れなかったと思います。

選手たちもみんな同じ気持ちでしょう。幸か不幸か22日は移動日。リフレッシュしてくれることを願いましょう。

2017/06/21

6/20 Gioをオールスターに!

W12-3@MIA (Season 43-28)
Gio(W7-1) 7.0IP 3ER 6H 2BB 8K
Murphy 2/3 HR(12) 2BB 2R 2RBI
Drew 3/5 double 3RBI
Zimmerman 2/5 double 2R 3RBI
Harper 1/4 BB 2R 2RBI

前回「安定のピッチング」と書いたGio Gonzalez。今日も見事でした。死球、四球の立ち上がりこそあれれという感じでしたが、2回以降、ランナーは多少出しながらも落ち着いたマウンドさばき。2点リードで迎えた4回裏に1点を失いましたが、なお1死2塁でも後続をきっちり打ち取って傷口を広げず。さらに5回裏には5点リードから2ランを被弾したものの慌てず騒がず。6、7回は無失点で、結局101球で3点のリードを保って7回まで投げ切りました。結果も十分ですが、前日かなり稼働したブルペンを休めるという意味での貢献も大きかったと思います。

もっともGioがこれだけ余裕をもってピッチングができたのは打線がしっかり援護してこそ。2回表に足を絡めて作った2死2,3塁のチャンスにBryce Harperがしっかり2点タイムリーを打って先制。1点差となった直後の5回表にはHarperにチーム打点トップを奪われたばかりのRyan Zimmermanが左中間に2点タイムリーを打って打点トップを奪い返すなどで計4得点。8回表にはDaniel Murphyにソロ本塁打が出て、セーブ圏外までリードを広げると、9回表はお祭り騒ぎの連打連打で5点を追加。恐ろしい打線です。笑。

Gioの防御率はちょっとだけ下がりましたが、それでもまだ2点台でリーグ7位は変わらず。今年のオールスターはGioの地元であるマイアミ開催。是非出場させてあげたい。

MVP: Gio Gonzalez

2017/06/20

6/19 6-0から逆転負け

L7-8x@MIA (Season 42-28)
Roark 2.2IP 6ER 6H 2BB
Romero(L) 1.2IP 1ER 3H 2BB 2K
Harper 1/4 HR(18) BB R 2RBI
Raburn 2/5 2R
Rendon 1/1 HR(13) BB 2R RBI
Drew 2/3 double RBI
Taylor 2/4 double 2RBI

1回表にBryce Harperが2ラン。2回表にAnthony Rendonがソロホームラン。3回表にもDaniel MurphyとMichael Taylorのタイムリーで計3点。先発のTanner Roarkが2回までを併殺込みで打者6人、わずか25球で終える上々の立ち上がり。今日はこのまま楽勝かと思っていました。

ところが。3回裏。先頭打者のシングルの後、JT Riddleのタイムリー三塁打で1点目。内野安打の間にRiddleにも生還を許し、2点目を失いましたが、これでいったん2死走者なしとなり、このまま後続を断っていればまだ4点リードですから何の問題もありませんでした。しかし、この後、シングル、四球、四球で満塁とした後(四球はいずれもフルカウントから)、Justin Bourにカウント0-2と追い込みながら、ボールが2球続いた後の5球目を右中間のスタンドへ運ばれ、グランドスラム。同点とされてしまいました。さらにもう1本シングルを打たれたところで、この回の投球数が40球を超えたこともあり、ノックアウト。Roarkにとってはキャリア最短での降板となりました。見ている限りは球速も出ていて決して悪くない感じだったのですが、なぜあそこで四球が連発するかな、という感じです。

この後、5回表にStephen Drewのタイムリーで一時はナショナルズが勝ち越しましたが、7回裏にJacob TurnerがGiancarlo Stantonに同点弾を浴び、そして9回裏には8回裏から登板し2イニング目となったEnny Romeroが、やはり2死走者なしから四球、シングル、四球で満塁とし、最後はMarcell Ozunaにサヨナラ打を打たれてゲームセット。その前のStantonのゴロをセカンドのDaniel Murphyがさばいてくれていれば(結果はシングル)イニングは終わっていたのですが。まあ、強い当たりだったし、仕方ないと思いましょう。

6点差をひっくり返されるなんて、しかも最後の最後に初めてのリードを許すなんて、なんとも後味の悪い敗戦です。

2017/06/19

ロースター異動まとめ(2017年6月)

6/5 Jayson WerthがDL入り, Ryan RaburnがAAAから昇格
6/11 Koda GloverがDL入り,Joe Blantonが復帰
6/13 Trevor Gottが今季初昇格, Wilmer DifoをAAAにオプション
6/15 GottをAAAにオプション, Matt Graceが再昇格
6/17 Shawn KelleyがDL入り,A.J. Coleが再昇格

6/18 メッツに4連勝はならず

L1-5@NYM (Season 42-27)
Ross(L3-3) 6.0IP 2ER(4R) 9H 1BB 4K
Turner 1/3 BB 4SB(23,24,25,26)

アウェイでのメッツ4連勝はさすがになりませんでした。先発のJacob deGromに対して、初回こそRyan Zimmermanの犠牲フライで1点を奪いましたが、得点はこれだけ。以降は、deGromの前に8回までゼロを並べました。長打は、deGrom降板後の9回にDaniel Murphyが打った二塁打の1本だけ。Trea Turnerが1人で4盗塁を記録したことくらいが明るい話題でした。

先発のJoe Rossは良くなかったですね。味方エラーも絡んだことで2点は非自責となって記録上はクオリティ・スタートですが、内容は悪いときのRossそのもので、ボールにキレがなく打たれ過ぎました。投手のdeGromにメジャー初本塁打を献上しては・・・。

ともかくメッツに3勝1敗と勝ち越したことは確か。次はマイアミに移動してのマーリンズ戦です。頑張りましょう。

2017/06/18

6/17 Enny Romeroが救世主となるか

W7-4@NYM (Season 42-26)
Strasburg(W8-2) 5.1IP 2ER 6H 2BB 5K
Romero(SV2) 1.2IP 0ER 3H 1K
Turner 2/5 HR(7) 2R RBI
Rendon 2/4 double BB R RBI
Murphy 2/4 double BB R RBI
Lind 1/4 HR(6) R 2RBI
Lobaton 2/3 HR(2) BB 2R RBI

前日投げたShawn Kelleyが今日になって背中が痛いと訴え、ますます戦力不足が顕著となったナショナルズのブルペン。ドラフトも終わったことでいよいよトレード戦線が動き出し、「ナショナルズがクローザーを獲得する」ことは当然のように語られ始めました。クローザーに関しては、(Koda Gloverの先日の派手なセーブ失敗が故障のせいであるとして)Gloverが戻ってくればひとまずは任せるべきだと未だに思っていますが、復帰の時期が見えないようではどうにもなりません。

と、まあそんなブルペンで今日は2人が頑張りました。まずはBlake Treinen。6回裏、先発のStephen Strasburgがこの回1点を返され、なお1死1,2塁としてしまったところでマウンドを降りた後を受け、内角へのシンカーでサードゴロ併殺打(5-3)を打たせる、Treinenの特性を活かした期待通りの投球を見せてくれました。やはりこういう場面でこそ光るのがTreinenなんですね。そしてもう1人、チームの救世主になる可能性を感じさせたのがEnny Romero。8回表にAdam Lindの2ランでリードが4点となったことで起用されたJoe BlantonがいきなりYoenis Cespedesにホームランを浴び、さらにランナーを出したところで登板(Blantonは本当にもうダメだと思います)。この回には2本のシングルを打たれて2点差に詰め寄られますが、Rene Riveraを空振り三振にとってピンチを脱出。そして、9回裏も1死からシングルを打たれはしたものの、最後はCespedesに5-4-3の併殺に打たせてゲームセット。セーブを記録しました。トレードで獲得した当初は制球に難ありと言われていましたが、そんなことは全然ありません。今日も無四球。これで100マイル近い速球をがんがん投げ込めるのですから、そうそうは打たれません。クローザーに定着するだけの安定感はまだ感じませんが(Gloverのほうが遥かに上)、セットアッパーとしては十分に計算できる投手となってきました。また、8回のピンチを切り抜けたシーンでの雄叫びも良かったですね。

打線は、1回表、Trea Turnerが先頭打者弾。2回にはJose Lobatonにもソロ。3,4回にも1点ずつ追加して、Strasburgをしっかり援護。Strasburgは、ややボールにキレがなく決め球にかけたため球数を要しながらも、何とか6回途中まで投げて最低限の仕事はしてくれました。

しっかりと先発投手に白星が付いての3連勝。いい感じです。

MVP: Enny Romero

2017/06/17

プロスペクト・レポート(2017年6月)

前回報告から1か月が経過し、ドラフトも終わりました。プロスペクトたちの動向を報告しておきます。期待通りに活躍している選手もいます、故障者が目立ちます。(成績は6月16日終了時点のもの)

Andrew Stevenson, OF
20G 91PA 0HR 12RBI 11BB 19K .350/.429/.438 1SB (AA)
40G 160PA 0HR 10RBI 8BB 33K .213/.258/.267 3SB (AAA)  
AAAへの適応に思ったより長くかかっています。当初は1, 2番を打たせてもらっていましたが、次第に打順を下げ最近は6, 7番が多く、先発を外れることもあります。結果が出ない以上は仕方ありません。ただし、6月8日以降の直近9試合に限れば.375/.429/.594と当たり始めました。適応完了を期待して見守りましょう。

Victor Robles, OF
51G 220PA 6HR 21RBI 16BB 38K .285/.384/.495 11SB (A+)
前回5月の報告以降の33試合では.316/.420/.521としっかり実力を発揮し、Carolina Leagueのオールスターにも選出されました。この調子を維持し、シーズン中にHarrisburg(AA)に昇格してもらいたい。

Carter Kieboom, SS
29G 123PA 6HR 20RBI 10BB 25K .333./398/.586 2SB (A)
前回報告の直後に走塁中に右ハムストリングを痛めDL入り。それまでに数字を重ねていたことでSouth Atlantic Leagueのオールスターに選出されましたが、当然欠場予定。復帰の目途は聞こえてきません。

Juan Soto, OF 
23G 96PA 3HR 14RBI 10BB 8K .360/.427/.523 1SB (A)
前回報告したDL入りからまだ復帰しておらず、やはり復帰の目途は聞こえてきません。

Drew Ward, 3B 
51G 208PA 5HR 32RBI 23BB 60K .250/.337/.398 0SB (AA)
前回報告以後も引き続きまずまずのシーズンを過ごしていましたが、6月4日の試合を最後にDL入り。詳細は不明です。

Tyler Watson, LHP
12G (12GS) 63.0IP 20BB 67K 3.29/1.16 (A)
前回報告以降に先発した6試合の防御率2.37と好調。South Atlantic Leagueのオールスターに選ばれました。四球/奪三振の数字も引き続き良好で、理想的なシーズンを送っています。しかし、6月11日の登板がわずか2イニングで、その後「一時的非戦力リスト(temporary inactive list)」に載せられ、登板していないことが気になります。大事なければいいのですが。

McKenzie Mills, LHP
11G (11GS) 60.2IP 11BB 63K 2.52/0.91 (A)
前回報告以降の4試合で防御率1.82とWatsonを上回る素晴らしい投球をした後、DL入りとなりヒヤッとしましたが、6月12日に復帰し、6回2失点、被安打3の好投。まあ、大丈夫でしょう。前回気になると報告したワイルドピッチは、1つもありませんでした。こちらもSouth Atlantic Leagueのオールスターに選出。

Weston Davis, RHP
2G (2GS) 9.0IP 2BB 3K 11.00/1.67 (A)
前回報告以降、故障の内容などについても特に情報はありません。

Jesus Luzardo, LHP
引き続きリハビリ中。復帰のメドはまだ聞こえてきませんが、昨オフ、ホワイトソックスとの間でトレードバイトとして議論の俎上にあがったとの情報が漏れていました。

Luis Garcia, SS 
既に開幕したドミニカ・サマー・リーグのロースターに名前はありませんでした。これは、いきなり米本土のGulf Coast Leagueでデビューさせるということなんでしょうか?!間もなく判明します。